マクロビオティック料理教室のお申込みはHPにて受付しております

2009年10月20日

屋久島の紫芋

冬のタンカンでおなじみの、屋久島草思園から、紫芋をいただきました。

もう発色が素晴らしくて、南国〜!という色を見せつけてくれます。
この紫色を見ていただきたくて、思わずブログネタに(^。^)

紫芋のタルト
充実の一切れ、おなかいっぱいです。

茄子の紫は、強い陰性な色といって、だから身体を冷やしたい夏には
必要な食べ物だと、マクロビオティックでは教わります。

南国には、人の身体を冷やして、暑さに適応させてくれる、食べ物、
作物がいっぱいですね。
紫芋のむらさきいろは、まさにそれです。だから南の国で元気に育ちます。

地球はよくできています。

やや寒くなった関東地方の今頃は、温めるほうの、陽性な力のお塩など、
少し多めに使ってつくりましょう。食べる量も少なめにして調整します。

箱に入ってきたのをみたとたんに、タルトにしたい!と思いました。
バターを使わない、菜種油のパイ生地ですが、お芋がおいしいせいか、
コクが足りない、とは感じません!

紫芋のタルト
タルト生地にレーズンを敷き、マッシュした紫芋を入れます。

もったいないから裏ごしなんてしません、マッシュしただけの簡単タルト、
この鮮やかな南国の色を見てください。穀物コーヒーといただきました。

紫芋のタルト
残った生地で、ミニタルトも作りました。

おいしかったです!!!上山さん、本当にありがとうございました。

昔から人の心のなかにある、南の国へのあこがれは、
この鮮やかで、美しい、色彩が誘っているような気がします 行ってみたいな〜。


★レッスン日程など詳細は、ホームページをご覧ください。

1クリックいただけたら幸せです♪

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へにほんブログ村に参加しています。

posted by げんまい at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記[や行]

2009年07月24日

屋久島から来てくれたきれいな壁かざり

タペストリーのような感覚で、生きたみどりが壁にあるって、ステキだな〜
でも、もっと広々した壁に、かけてあげたかったな〜せまくてごめんねえ。

と、いろいろぶつぶつ考えてる私に関係なく、この元気なオオタニワタリ(屋久島の
シダ科の植物)
こんな小さな、苔ダマに根が包まれているだけなのに、すごいです。
時々、お水の中に根を5分くらい沈めてあげれば、それで元気に生きている。

オオタニワタリ
オオタニワタリは葉っぱの先がくるんと巻いてきます。
しだ科植物の特徴でしょうか?

教室メンバーの皆さんには、無農薬バナナでおなじみの上山さんが、
全部手作りしている、注文制作もので、屋久島の植物を知り尽くしている
上山さんならではのものと感心します。

材料は、全部自然界の物、後ろの台になってる部分は、ココスヤシの
花芽を守ってるサヤの部分で、花が開くとこのサヤが割れて花が出るそうです。

オオタニワタリ
台になってる茶色の部分が、ココスヤシの花を守っていたサヤだそうです。
乾くとねじれてくるのでしょう。自然がつくったひねりの形ですが、全部形がちがうそうです。

こんな大きなサヤに守られてる、花ってどんなんだろう・・・・びっくり
いつも、南国の植物のお話にはびっくりする事が多いのですが、このサヤも
固くてしっかりしていて、驚きでした。

この部屋で長く元気でいて欲しいです。生きたみどりがお部屋にあると
空気が変わるし、柔らかいこの緑色を見てるとホッとします。
上山さんいつもありがとうございます。

ココスヤシのお皿
ココスヤシの先端部分でお皿を作ってくださいました。
南国の雰囲気がありますね。

★やはりココスヤシのサヤでつくっていただいたお皿、私がこれだけ固かったら
お皿には?といったら、試しにつくってくださいました。
やはり、植物なので洗っていると柔らかくなってきます、ドライな物、パン用、クッキー用など限定されそうですが、雰囲気が夏っぽいです。


★レッスン日程など詳細は、ホームページをご覧ください。


1クリックいただけたら幸せです♪

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へにほんブログ村に参加しています。

posted by げんまい at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記[や行]

2009年04月23日

よもぎ、ふきのとう、蕗、なずな 春の野草たち

冬に身体にため込んだいろいろを、排毒してくれるという春の野草、
確かに、食べてみて、こんなにも美味しいのは、体が必要としてるから?
を、実感します。

蕗も、ふきのとうも、濃いしょうゆ味や、味噌あじで佃煮風にするのが
好きです。
これだけで、ご飯がいっぱいいただける。

蕗の佃煮
ふきみそ

よもぎは、定番のよもぎ団子にして小豆との組み合わせに。

よもぎ団子

塩をしっかり効かせたおやきも美味しい!

よもぎおやき

ナズナはごま油でいためたキンピラ風が大好きです。

なずな

この季節は、高峰高原や、小田原、屋久島から、普段は野菜や果実で
お世話になっている生産者の方たちが、野草摘みして、送ってくださいます。
ありがとうございます。お陰で、ちゃんと春を、身体に入れることができます。


★レッスン日程など詳細は、ホームページをご覧ください。


1クリックいただけたら幸せです♪

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へにほんブログ村に参加しています。
posted by げんまい at 14:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記[や行]

2008年07月07日

屋久島の無農薬バナナ・こんな贅沢なことしちゃいました。

楽しみにしていた、屋久島の無農薬バナナが届きました。
毎年思うことは、バナナって本当に傷みやすいフルーツです。

完熟していて、保存する薬剤や、カビが出ない薬剤、防虫剤・・・・などを
使わなければ、これが当たり前、を頭に入れておかなくては、といつも思います。
(じゃ、お店で見る、あのきれいな状態のバナナは・・・・・・・・・・)

国産無農薬のバナナなんて、ほとんど手に入らない貴重品、その上今年は
いろんな幸運に恵まれ(台風にやられた、とか鳥に食べられてしまった、とか無く)
送っていただけたのに、届いた日が、今年最悪?と思うほどの高温多湿の日
箱を開けた時は、泣きそうでした。

熟しすぎて、縦に割れていたり、皮が黒くなったり、白いカビが皮に出たり、
もちろん無農薬だから、虫の卵が小さな隙間に隠れていたのか、小さな羽虫が
飛び出してきたりと・・・。

届いたばかりの無農薬バナナ

屋久島を出た、2日前には無かった事が、2日でこんなに痛んで・・・でも、皮を剥いたら
中はまったく大丈夫な物が多くて、即、贅沢なバナナケーキを焼きました。

完熟のバナナでケーキを!

バナナケーキ

こんな贅沢な物はないね〜と、思いながら焼き上がりを待ってると、何ともいえない
いい香り、味も今年は甘くて濃厚でしたが、香りも強い!
生でももちろんいただきましたが、色がオレンジに近いほど熟してて、
とっても美味しかったです。草思園さん、いつも丹精された作物、ありがとうございます。
元気が出るバナナの味でした。

バナナケーキは、レッスンに来ていただく方にもお出しして食べていただきます。


★レッスン日程など詳しくは、ホームページをご覧ください。


1クリックいただけたら幸せです♪
posted by げんまい at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記[や行]

2007年01月16日

有機野菜さがし・見つけちゃった、あしがら農の会

小田原に引越しを決めたとき、まず地場の有機野菜を探したい
と一番に思いました。

夏は東京にいても、高峰高原から直送されるkさんの野菜で
レッスンできたけど、他の季節は自然食品店の野菜に頼るしかなくて
北海道から、沖縄までの野菜が届く東京にあって、身土不二は
程遠いな〜というのが、いつもなんとなく、引っかかっていました。

今度は農業のある近くにいける、きっと有機農業をしている人がいる、
と大きな希望を持って、探すぞ!と意気込んでいたら、意外なところで
あっけなく見つかりました。
あしがら農の会、まるで私に用意されていたかのような、ありがたい組織が。
見つかるのが、あまり早くて夢のようでした。

今は、毎週その時採れてる野菜を、届けていただいています。
もう冬は、毎週大根、白菜、人参、蓮根でもいい、それが当たり前、頑張ります。
な〜んて思っていたのに、これまた拍子抜けするくらいにバリエーションが
あって、暮れには、鬼柚子(写真見てください)なんていう小田原ならではの
びっくりな果物が届いたり(子供の頭くらいあります)





金時人参も美味しかったし(いわゆる京人参、日本の赤の色の味の濃い品種です。)
次回は紫芋や、ニンニクまで来るらしい。

それもこれも、この小田原近郊で採れている有機農産物なのです。
私が生きているのと、おなじ気候で育った野菜たち、まさに普通に身土不二。

でもうれしいっ、!やっぱり野菜にバリエーションがあると料理が楽しい!
冬は大根と白菜でいい、と言ったことは忘れてください。





いつも畑から届けてくださる、Nさん有難うございます。
あなたの、そのチャレンジャーなところ、だいすきです。だって東京でも
ポロネギなんて、青山の紀伊国屋ぐらいしかなかったし、それは農薬使用の
野菜だし、ヨーロッパからの輸入だったりするし。
小田原に来て無農薬のポロネギを料理できるなんて、夢にも思ってませんでした。
スープにして、とてもおいしかったです。

これからも、どんな野菜が来るのだろう、ワクワク楽しみにしています。





農の会を紹介していただいた、U先輩、Kさん本当に感謝してます。
畑に連れて行ってくださるSさん今年もよろしくお願いいたします。





 1クリックいただけたら幸せです♪
posted by げんまい at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記[や行]