マクロビオティック料理教室のお申込みはHPにて受付しております

2009年10月26日

青いパパイヤの香り

というベトナム映画?が、たしか数年前に上映されていたのですが、黄色に熟した
パパイヤしか知らなかったので、青パパイヤ・・・どんな香りなんだろう?

と思ったのを覚えています。

それが思いもかけずに、青パパイヤを料理する事ができました。
おなじみ屋久島からの、もちろん無農薬パパイヤ、とっても楽しみに待ってました。

沖縄などでも、青いパパイヤを食べる習慣があって、干して切り干し大根の
ようになったのは、一度食べた事があるのですが、生は全くの初めて、
南国の果物を、お惣菜のように食べられる!興味津々でした。

青いパパイヤ-断面
輪切りにした断面です。白い液があふれてきてびっくりしました。
熟したパパイヤは種が黒くなるのに白い種なのでした。

写真のように、本当に青みがかった緑色、半分に切ると、断面から白い
汁がこぼれます。

たぶんあくが強いから、千切りにして、水にさらしたほうがいいよ、
と教えていただきましたが、マクロビオティックのつい習慣で、もったいないから
炒めてアク抜きしてみよう、いざとなったら梅酢水があるさ・・・・

ピーラーで皮をむいてそのまま、薄いリボン状にして、キンピラのように
ごま油で炒め、水で煮込み、醤油で味付け、という手順でやりました。

青いパパイヤのきんぴら
初めてのものを料理する、定番となってます。しょうゆ味のキンピラ、白ごま塩入り。

途中で味見した時は、それほどのアクを感じませんでしたが、出来上がって
食べてから、舌がピリッとした感じがあります。やはり短時間、薄い梅酢水に
つけたほうがいいかもしれません、または炒め時間を長く取るか、
でも食感は、なめらかで、密度のある、大根?きんぴらの味付けにも
違和感なく、とってもおいしい!
もっと、おいしい食べ方がありそうです。残りを使って研究しますね。

でも、今回の台風で被害を受けて、完熟できずに送っていただいたものなので、
普段は手に入りません、残念ですが。

青いパパイヤ
おしりの形を見ると、なるほど〜パパイヤです。

香りは・・・・・・・・青臭い匂い?ん〜なんと言っていいのか、言葉で表現できないっ 
ごめんなさい。


★レッスン日程など詳細は、ホームページをご覧ください。

1クリックいただけたら幸せです♪

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へにほんブログ村に参加しています。
posted by げんまい at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記[あ行]

2009年10月20日

屋久島の紫芋

冬のタンカンでおなじみの、屋久島草思園から、紫芋をいただきました。

もう発色が素晴らしくて、南国〜!という色を見せつけてくれます。
この紫色を見ていただきたくて、思わずブログネタに(^。^)

紫芋のタルト
充実の一切れ、おなかいっぱいです。

茄子の紫は、強い陰性な色といって、だから身体を冷やしたい夏には
必要な食べ物だと、マクロビオティックでは教わります。

南国には、人の身体を冷やして、暑さに適応させてくれる、食べ物、
作物がいっぱいですね。
紫芋のむらさきいろは、まさにそれです。だから南の国で元気に育ちます。

地球はよくできています。

やや寒くなった関東地方の今頃は、温めるほうの、陽性な力のお塩など、
少し多めに使ってつくりましょう。食べる量も少なめにして調整します。

箱に入ってきたのをみたとたんに、タルトにしたい!と思いました。
バターを使わない、菜種油のパイ生地ですが、お芋がおいしいせいか、
コクが足りない、とは感じません!

紫芋のタルト
タルト生地にレーズンを敷き、マッシュした紫芋を入れます。

もったいないから裏ごしなんてしません、マッシュしただけの簡単タルト、
この鮮やかな南国の色を見てください。穀物コーヒーといただきました。

紫芋のタルト
残った生地で、ミニタルトも作りました。

おいしかったです!!!上山さん、本当にありがとうございました。

昔から人の心のなかにある、南の国へのあこがれは、
この鮮やかで、美しい、色彩が誘っているような気がします 行ってみたいな〜。


★レッスン日程など詳細は、ホームページをご覧ください。

1クリックいただけたら幸せです♪

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へにほんブログ村に参加しています。

posted by げんまい at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記[や行]

2009年10月14日

では、ラーニング&ダイニングのクッキーは?

実は、かなりいろいろつくれるのです。
マクロビオティックのクッキーですが、ほろほろしたものから、サックリしたもの
かみしめて食べるぞ!のハードなクッキー、甘さもいろいろ、
米飴のあまさ、メープルシロップの甘さ、玄米甘酒の甘さ、塩味クッキーもあります。

ビーツクッキー
ビーツでピンクにしたものバレンタインなどにいかがですか?

初めはマクロビオティックでも、甘いのがつくれる!と喜んでいた方も
食生活が変化して、お体の状態が整うと、塩味のクッキーが美味しく感じてきたり、
というような、変化もよくあります。

オニオンクッキー
玉ねぎタップリで焼いた、オニオンクッキー。おつまみになる塩味タイプです。

たくさんの、種類が作れますよ、写真でご覧になって
これをやりたいと、お申し込みください、個人レッスンでいらっしゃる方の、
ご参考になればと、いろいろ出してみました。

ジャムクッキー
ほろっとした生地に、ジャムをのせて味のアクセントにしたものです。

カントリークッキー
ココナツフレークとオーガニックバナナでざっくりしたカントリークッキータイプ。

ココアクッキー
ブラックココアでつくるチョコクッキー風なコクのあるリッチなクッキーです。

パンプキンクッキー
ハロウィーン用につくった、パンプキンクッキー
魔法使いの帽子、黒猫、こうもり、です。



★レッスン日程など詳細は、ホームページをご覧ください。


1クリックいただけたら幸せです♪

にほん

ブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へにほんブログ村に参加しています。


posted by げんまい at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記[た行]

2009年10月08日

この頃のマクロビオティックのクッキーは。

先日、おしゃれなマクロビオティックのクッキーをいただいて、
とても美味しかったのです。

クッキー
小さなケースに入って量もいい感じです。
色も、自然ないろをほんのりつけてくれて、うれしい!
食べ物に色って本当に大事だな、と思います。

少し前までは、マクロビオティックのお菓子というと、菜種臭の強い油が
使われていて、甘さはほとんどゼロで、とにかく固くて・・・・というものが多くて
これを買って食べたら、マクロビオティックをはじめようと思っていても
ちょっとひるむだろうなあ・・・・・・と思ったりしました。

でも、逆に最近では、てんさい糖タップリで、一般のお菓子より甘くないかしら?
と思うようなものだったりして・・・・
バターや、卵や、白砂糖、添加物が入っていないけど・・・・私には甘すぎるな、
と思うものが多かったり、
それは、普通食の人が買うことも考えての甘さだと思いますが、

マクロビオティックの食生活の人が、素直においしい!と思える
程よいお菓子は、とても少なかったように思います。

それが、いただいて食べたお菓子が、本当に美味しかったので、思わず
写真を撮りました。

クッキー
かわいいカードが添えられて、いっそう嬉しいプレゼントです。
Tさんありがとうございました。

形も色もかわいいでしょう!地粉、葛粉(これでさっくりした感じに仕上がってます)
メープルシュガー、塩、菜種油、紫芋粉 くらいの材料だったと思いますが、

ほんのりしたピンク色は、紫芋粉でついた色ですね。

自由が丘のお店だったそうです。名前もお聞きしたのにすぐに忘れて(-_-;)
すみませ〜ん
興味のある方は検索して調べてみてください。おいしくっておすすめです。


★レッスン日程など詳細は、ホームページをご覧ください。


1クリックいただけたら幸せです♪

にほん

ブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へにほんブログ村に参加しています。


posted by げんまい at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記[か行]